Tokyo

Aug 11, 2011

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ

日本一時帰国最後の滞在先は東京。震災で観光客が減少していることもあってか、どこのホテルも昨年とは2~3割値落ちしている感じがある。

大阪からのフライトが夜10時前に着くということもあり、羽田空港に近いという理由から久しぶりに竹芝のインターコンチに宿泊してみることにした。

最廉価のスーペリアのリバービューで予約したのだが、アンバサダー会員のアップグレードはスーペリアでベイビューにするだけ。何ともケチくさいアップグレードだ。まあ、高層階にアサインされただけマシとすべきかもしれないが。

客室

35㎡ということだが、それよりも広く感じるのは、バスルームがそれほど広くないこととと、客室内に家具があまりないためだろうか。

黒と木をたくみに配したインテリアは、10年前だったら斬新だったろう、と思わせるが、今となっては家具類、カーペットの著しい経年劣化も相俟って、古いなぁ、と感じてしまう。

特に壁紙はいたるところに染みがあり、なぜ貼り替えないのか謎だ。

バスルームは、全室バスタブとシャワーブースは別となっているが、ベイシン周りのスペースの狭さが残念。私物をおけるスペースがかなり限られている。バスアメニティは、Elemis。これは最近インターコンチネンタルではグローバルで採用しているようだ。

ベイビューの眺めは素晴らしい。少し視線を右にずらせば、浜崎橋JCTから東京タワーという実に東京らしい眺めが加わる。

Img_0968 Img_0970 Img_0973 Img_0974

客室内に無線LANはなく、ルーターを使って接続してみるが、iPadだとSafariがうまく立ち上がらずに断念。サービスエクスプレスに電話してみるも、どうやらその方面に全く疎そうな従業員だったので、わざわざ専門家を夜中に呼んで、というのも面倒くさくやめてしまった。

朝食

ブルーベランダで提供。ビュッフェで内容としては結構豊富だ。中華、和食、フルーツのラインアップが結構多いのが印象的で、フルーツはビュッフェとは思えないくらいフレッシュで美味しかった。

どうせならテナントで入っている分とく山で和定食でもやってくれれば、いい訴求ポイントになると思うんだが。

その他

何か頼みごとをすると、すぐに係が部屋に来るのはいいのだが、微妙にオーダーを間違えて、訂正しないといけないことが多々。前日セントレジスに泊まっていたこともあり、このへんがラグジュアリーホテルとビジネスホテル(日本のビジネスホテルの意味ではなく)の差かな、と感じ入った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 05, 2011

ル・マグレブ(二子玉川/モロッコ料理)

日曜のランチは、モロッコ料理。

束の間の日本滞在時になぜモロッコ料理か、というと、広州では食べられないから。

香港、上海には何店かモロッコ料理店があるようなのだが、広州はアフリカ人が結構多いにも関わらず、なぜかモロッコ料理はないのです。ハラール料理とかは結構あるんだけどね。

フランスでは沢山あるモロッコ料理だけれども、日本も結構数が少なくて、名が知られているのは、こちらと軽井沢の郊外にあるカフェ・ドゥ・モロッコの2店くらいだ。

玉川高島屋裏の路地裏にあるこちらは、店内に入ると、モロッコ風の内装で、どこにいるのかわからなくなる。最近西麻布にも支店を出したというせいか、店員は日本人になっていた。(前回来たときは、モロッコ人だった)

ランチというわけで、週末のみ供されるシェフスペシャルランチ(前菜の盛り合わせとチキングリル)、タジンのランチを。

Img_0560 Img_0561

スパイスを巧みに使ったタジンは、家庭で作るタジンとはまた違った味わいで、楽しめた。

毎週金曜には、ベリーダンスショーもあるということで、ディナーにも来てみたいところだ。

【店舗情報】
住所;世田谷区玉川3-10-11-1F
TEL;03-3709-2664
営業時間;12:00~15:30、17:30~23:00(金土のみ~24:00)
定休日;第1~3月曜

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 04, 2011

シェラトン都ホテル東京

束の間の日本帰国。

NHでのフライトで成田まで、NEXで品川まで乗り継ぎ、タクシーでアクセスしたのは白金台にあるシェラトン都ホテル東京だ。

まずはNEXで降り立った品川駅の暗さにびっくりしたが、ヨーロッパや中国の駅はこれより暗いわけだし、今までが明るすぎたのかもなあ、とふと思ったり。

さて、品川駅から10分弱で辿り着いたこのホテル、私はラディソン時代から結構好きだ。

なぜ好きかと言われると難しい。駅からのアクセスがいいわけでもないし、客室が豪華なわけでもないし、サービスが抜群にいいというわけでもない。

でも、駅から離れていてそれほど賑わっていないというところが好きな理由なのは間違いないだろう。

今回利用したのは、東日本大震災チャリティープラン。1泊につき2,000円が義援金にあてられるというプランだ。

プレミアムフロアのデラックスルームで予約をしていたが、ラグジュアリールームへアップグレード。

この部屋は、都心のホテルには珍しくバルコニーがあることが最大の特徴だ。

また、横に長い部屋なので窓が広く開放感溢れるというのも利点。客室自体も40㎡くらいになるので、このホテルの中ではスイートを除くと最も大きい部屋だ。

客室

ラディソン時代からのベッドのよさは相変わらず。ラディソン時代はシーツをフレッテにして、それを訴求ポイントにしていたが、今回は肌触りからすると外れ。普通のシーツだった。しかし、ベッドと枕に関しては、相変わらず都内トップレベルであることは間違いない。

Img_0500

一方で、バルコニーは日当たりもよく居心地よいのだが、新聞でも読もうと思ってまどろんでいたら、カラスに襲われそうになった。広州には鳥が殆どいない(捕まえて食べてるんでしょうか?)ので、久しぶりの経験に思わず叫んでしまったほどだ。

Img_0499

バスルームは旧態依然のバスタブ。シャワーは比較的使いやすいので助かるが、やはりプレミアムフロアを名乗るのであれば、シャワーブースもしくは洗い場つきバスルームは必須アイテムだろう。

朝食

朝食付きのプランにはしていなかったので、1日目は大和屋三玄、2日目はルームサービスを注文。

大和屋三玄は地下にあることもあってやや閉塞感がある空間だが、供される料理はなかなかレベル高い。但し、閉店間近に行ったせいか、片付けに忙しいのかフロアに殆ど係がいないことが多く、これでサービス料10%取られるのもなあ、という感じだ。

Img_0514

ルームサービスは、なかなかよい。トーストは美味しくなかったが、デニッシュとフルーツはなかなか高品質。ジュースも日本にしてはかなり美味しい部類だ。

Img_0559

バー

地下にあるM BARは、ホテルの中とは思えないアバンギャルドな雰囲気で、シェラトンというよりは、Wのような雰囲気だ。

Img_0557

カクテルもなかなか。

Img_0550

その他

ヘルスクラブは、地下にあるが、プールが20m×4コースもある結構巨大なもので、楽しめる。街中のスポーツクラブのような雰囲気はある種興醒めだが。

風呂、サウナも結構広いのと、ラウンジでソフトドリンクや雑誌、新聞が豊富なのでゆっくり休めるところもポイントが高い。

W香港のようなスタイルも好きだが、こういう昔の日本の雰囲気、というのも捨てがたいですね。

| | Comments (79) | TrackBack (0)

うどん山長(恵比寿/うどん)

恵比寿駅東口の路地裏にあるうどん屋さん。鰹節・昆布問屋が営むお店だ。

春節のときにウェスティンのコンシェルジュに教えてもらって、わりとよかった蕎麦屋と同系列のうどん屋ということで、行ってみることにした。

こちらのお店予約が取れないので、土曜の20時30分くらいにいったのだけど、満員で20分くらい待つ羽目に。

板わさ、あなごの白焼き、有機野菜のサラダなどをつまみに、〆にうどん。

ややつゆの存在感が薄いな、と感じつつも、うどんはおいしく頂けた。

【店舗情報】
住所;渋谷区恵比寿1-1-5 恵比寿オークビル1F
TEL;03-3443-1701
営業時間;11:30~16:00(L.O.15:30)、17:00~4:30(L.O.4:00)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 03, 2011

K'SHIKi(日本橋/オールデイダイニング)

マンダリンオリエンタル東京のアジアンインスパイアダイニング。朝食から夕食まで通し営業しているので、実質オールデイダイニングとして機能している。

ディナーのメニューは、3,900円のアペタイザーペアセット、5,500円のフルセットメニューを基軸に、アラカルトも豊富、松花堂弁当まで揃っている。

5,500円のフルセットメニューを注文。

これは、10種類もある豊富な前菜から5皿、スープ、メイン、デザートから選ぶというもの。

ブラウマイスターを飲みながら前菜を選ぶ。

選んだのは、以下の5皿。

1. ミディトマトの冷製コンフィ 新生姜と水茄子のマリネに梅肉と大葉のジュレを乗せて

2. 鯵の酢漬けとノビル タマリンドと信州白味噌のソース 山葵とナンプラーが香るオカヒジキと共に

3. ターメリック風味の鰈のフリットとカイラン 筍と自家製スウィートチリソース

4. ガーデングリーンサラダ マンダリンオレンジドレッシング

5. 山梨県中村農園産 甲州地鶏を使ったハイナニーズ風チキン 蕗のブレゼとレモングラスが香る紅玉林檎

Img_0505 Img_0506 Img_0507

どれもさっぱりした味わいでなかなか。空港とかホテルのラウンジで食べる軽食っぽくもあるが、ポーションは小さいながらも仕上げは直前にやっているようだし、食材がよい。

スパイスを多用しているので、食欲がない時でも食べられそうですね。

次はスープ。アニス風味の赤玉葱レリッシュとペコロスのロースト バニラが香る玉葱のスープを注いで、というもので、確かにアニスの香りが口いっぱいに広がる。アニスが嫌いな人には食べられないだろうな。

メインは、5種類からセレクトできるが、伊佐木と柚子胡椒が香る空芯菜 色々な茸とラクサブロスを注文。ラクサの名の通り、シンガポール料理のラクサのスープをソースに使ったイサキ。ラクサの濃厚な味と香りにイサキが負けるのでは、と思ったが、不思議とイサキの味はちゃんと主張していて感心。

デザートは、季節のフルーツとタピオカ入りメロンのスープ。まあ、これは正直香港、広州の方が美味しいでしょう。

Img_0508 Img_0509 Img_0511

グラスワインも豊富で、白、赤、デザートワインまで頂いて満足。

ホテルのオールデイダイニングは、帝国、オークラのようなトラディショナルなタイプが結構好きだったのですが、マンダリンオリエンタルの斬新な感じもよいですね。

【店舗情報】
住所;中央区日本橋室町2-1-1マンダリンオリエンタル東京38F
TEL;0120-806-823
営業時間;6:00~23:00

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2011

KUA'AINA 青山本店(青山/ハンバーガー)

日本でどうしても食べたかったものの一つにKUA'AINAがある。

広州にも米国っぽいハンバーガーが食べられるところはあるし、マリオットやシェラトンのルームサービスのハンバーガーは、世界中どこでも米国で食べるのと同じレシピのハンバーガーではあるのだが、やはりKUA'AINAの味は自分の好みなので。

というわけで、青山のKUA'AINAへ。

いつも通りアボガドチーズバーガー。

Img_1503

うーん、やっぱりいつもの味ですねhappy01

【店舗情報】
住所;港区青山5-10-21
TEL;03-3407-8001
営業時間;10:00~23:00(日祭日は~22:30)

| | Comments (0) | TrackBack (0)