Shanghai

Jul 23, 2011

La Finca(上海/スペイン料理)

ウェスティンのコンシェルジュにおいしいスペイン料理店はどこか?と聞いて、教えてもらったのがこちらだ。

週末画報という地元の雑誌で、2010年Best Spanishに選ばれた(上海にスペイン料理店が何店あるのか知らないが)店だそうだ。

これまた前日行った新天地にある。

煉瓦造りの素晴らしい雰囲気の外観で、期待が高まる。

コースメニューもあるちゃんとしたスペイン料理店で、1Fはバール、2Fがレストランになっている。名前を告げるとスムーズに2Fに案内された。

なぜかコンプリメンタリーでカヴァ(スペインのスパークリングワイン)が出てきたので、これを頂きながらメニュー選び。

タパスから海老のオリーブオイル炒め、前菜から前菜盛り合わせとスペインハムの盛り合わせ、それにシーフードのパエリアを注文。

どれも美味しかったが、さすがにオイリーなものばかりだったこともあり、結構胃がもたれた。パエリアは、ややごはんが柔らかすぎる(スープが多すぎる感じ)感じはあったが、味は悪くない。

デザートは、フォンダンショコラを頼んだが、とても美味しかった。

Img_0782 Img_0783 Img_0784 Img_0786 Img_0787 Img_0788 Img_0790

食後は、外のテラスに移動し、新天地公園を眺めながらエスプレッソ。これは美味しくなかった。

日本に何年か住んでいた、というプエルトリコ人のマネジャーもなかなか愉快で楽しい食事となった。少々飲み過ぎたが。

【店舗情報】
住所;上海市卢湾区黄陂南路373号
TEL;021-5383-2998

| | Comments (31) | TrackBack (0)

上海環球金融中心

SWFC(Shanghai World Financial Center)の展望台は世界一の高さだという。100Fにあたる472mから上海市内を一望できる、というので、行ってみた。

Mon chou chouでお茶をしたあと、展望台の入口を探すが、これがきわめてわかりにくい。ショッピングモールの中の案内には地下に降りるようにあるのだが、これはトラップで、実際には金茂大厦側の地上に入口がある。

待ち時間30分とあったが、これまた非効率的なオペレーションが災いしているような気がしてならない。まあ、列に並ばずに隙があれば入り込もうとするこの国の人々を管理するにはこれくらいのオペレーションでなければ成立しないのかもしれないが。

展望台の料金は94Fのエリアが100元、97F&100Fのエリアが150元となっており、97F&100Fのエリアの入場券を買えば、94Fのエリアも入れる仕組みだ。

まずは、高速エレベーターで94Fまで上がる。振動もなく、さすが日本製のエレベーターだ。

そのあと、エスカレーターで97Fまであがって、そこからさらにエレベーターで100Fまであがるという仕組みだ。

100Fに上がると、これまで見上げるだけの存在だった金茂大厦を見下ろす絶景が広がる。

Img_0771 Img_0772 Img_0775 Img_0778

床が一部ガラス張りになっており、下を覗くことが出来るようになっている。

ただし、やや曇り空だったので、あまり遠くまでみることは出来なかったというのと、周りの客が最悪で落ち着いて景色を観るのは難しい。というのも、田舎から観光で出てきたような風体のあがらない中国人が圧倒的に多いのだ。(もちろんちゃんとした中国人もいるのだが。)

後ろから汚い体でぎゅうぎゅう押してきたり、展望台では座り込んでたり…。展望台に入る入場料は決して安くないはずだが、その金でマナーを勉強してきてもらいたいものだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Patisserie Mon chou chou(上海/スイーツ)

SWFC(Shanghai World Financial Center)通称上海森ビルのB1にある大阪のパティシェリー。もっと言えば、あの堂島ロールのお店だ。

上海万博にも出展しており、その際好評だったので出店したらしい。出店は2010年10月だ。

今はどうだか知らないが、3年くらい前は都内の百貨店の物産展に堂島ロールが出るとなれば、開店と同時に行って整理券を取ったりしないといけないくらい人気のあるものだった。私も気になって一回食べてみたが、そこまで美味しいか?と思った憶えがある。

上海のお店は2~3組お客さんがいるくらいで比較的空いていた。

Img_0765 Img_0764

1カット23元でその場で食べることが出来るので、ティータイムがてら。

中国でまともなケーキを食べたことがないこともあってか、美味しく感じた。

日本では1カット300円くらいだったので、今の為替レートで言えば、上海の方が安い。記憶では、毎日日本から空輸しているはずなので、それが事実であれば、コストでは上海の方が圧倒的に高いはずなのだが。

上海市内であればデリバリーもしてくれる。

【店舗情報】
住所;上海市浦東新区世紀大道100号上海環球金融中心地下1階B104
TEL;021-3872-1163
営業時間;8:00~20:00

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田子坊散策

上海を代表するアートスポット田子坊。石庫門という昔の中国の住宅を改装してアートギャラリーなどが集まってきたのが始まりだそうだが、最近は有名になりすぎてつまらない、という声も聞くが。

アートギャラリーだけではなく、雑貨店などもたくさんあるので、こまめに見ていくと半日くらい掛かりそうだ。

西洋人や日本人も多くて、何だか不思議な街だ。

Img_0754 Img_0757 Img_0758 Img_0759

ふらりと入ったアートギャラリーで絵を2枚買った他、お土産用にお茶の小椀を買って帰った。なかなか楽しい街だ。

日本人が経営しているというコーヒー店があるらしいのだが、見つからなかったので、ちゃんと調べて行けばよかった。。。

M50というアートスポットも上海にはあるそうなので、そちらにも行ってみたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

山里(上海/和食)

花園酒店(ホテルオークラ)にある日本料理店。

東京のホテルオークラにある日本料理店と同じ名前を冠した、上海では老舗の部類に入るお店だ。

店内は改装したのか、グランドハイアット東京の旬房のような、最近のモダンジャパニーズっぽい内装だ。

うな重を注文。うなぎはまあまあでしたが、茶碗蒸しとお味噌汁の不味さにはびっくりだ。これらは、日本料理の基本のキなだけに、残念だ。

Img_0753

日本食の競争が厳しい上海では、こちらは、花園酒店に泊まる出張者のアテンドくらいにしか使えないのではないだろうか?少なくとも日本人相手には。

東京のオークラもそうだが、オークラグループには、かつての迎賓館ホテルとしての矜持を早く取り戻してほしいものだ。

【店舗情報】
住所;上海市茂名南路58号花園酒店2F
TEL;021-6415-1111
営業時間;6:30~9:30、11:30~14:30、17:30~22:30

| | Comments (8) | TrackBack (0)

豫園観光

上海観光の手始めは、豫園から。上海の中でも歴史のある庭園だが、庭園を取り囲むようにそびえる豫園商城の方が有名かも。

江南式と言われる庭園は、池の上にコの字に橋が掛けられ、シノワ情緒満載だ。

Img_0741 Img_0744 Img_0745 Img_0747 Img_0752

豫園商城はお土産屋街だが、ザ・チャイナという感じの店ばかりなので、素通りしました。建物の雰囲気は立派なんだけどね。

こちらには、有名な南翔饅頭店がありますが、ものすごい行列なので諦めました。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

Jul 22, 2011

外灘で夜景見物

新天地でディナーの後は、外灘見物だ。

中国の発展の代表のように語られることの多い浦東の高層ビルの夜景と、1920年代「東洋のパリ」、「魔都」と言われていた頃のゴシック様式の建物が立ち並ぶ外灘両方の夜景が見られるのがこちら。

上海万博のおかげで、遊歩道もきれいに広く整備され 、より訪れやすくなった。

Img_0721

Img_0728

この夜景はいつまでも見ていて飽きない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Va Bene(上海/イタリアン)

ウェスティンのコンシェルジュにイタリアンを教えろ、と言って教えてもらったのがこちらだ。

新天地という上海で最も高級だと言われるエリアにある。

Img_0710 Img_0717

昔の租界時代の建物を改装して造られたエリアで、古いものを大事にしない中国では珍しい。ちなみに、新天地は中国共産党発祥の地としても知られている。

照明がおさえられたシックな店内で、客も西洋人か静かな中国人が殆どだ。

スプマンテをもらいながら、メニューを選ぶ。コースも500RMB程度であるが、アラカルトで。

私はカプレーゼ、モッツァレラとバジルの自家製ラビオリを。ワインは、トスカーナのシャルドネを。嫁は、マグロを3通りでアレンジした前菜とあさりのリングイネ。

モッツァレラチーズは、メニューにブッフォラ・モッツァレラと書いてあったので期待していたが、期待通り素晴らしいモッツァレラチーズだった。日本でもなかなかお目にかかれないレベル。

Img_0701 Img_0703_2 Img_0704 Img_0706 Img_0708_2 Img_0709  

あさりのリングイネも茹で加減もにんにくをたっぷり使った感じも本場の味に近く、美味しかった。

ポーションが多めなので、メインには辿り着かなかった。

デザートに、デザートの盛り合わせとリモンチェッロを。中国とは思えないデザートのクオリティの高さにびっくりだ。

シェフもフロアを束ねるマネジャーもイタリア人で、中国人のスタッフも英語は堪能でよく気がつく。中国にいるとは思えない雰囲気だった。

会計は1,500RMB。メインを食べていないことを考えるとやや高い気もするが、満足度高し。

【店舗情報】
住所;Hse 7, North Block, Xintiandi, Lane 181, Taicang Rd, Shanghai, 200021
TEL;021-6311-2211
営業時間;11:30~14:30、18:00~22:30

| | Comments (31) | TrackBack (0)

ウェスティン外灘センター上海

上海を代表する観光名所、外灘から徒歩5分程度とアクセスがいいのがウェスティンだ。その他、豫園、南京東路などのスポットにも近くて便利と言われるが、実際には歩くと15分くらい掛かるので、必然的にタクシーを使うことになるだろう。

クラウンタワーとグランドタワーと二つの建物があって、全部で559室あるかなり大型ホテルだ。

部屋

グランドタワーの方が新しいというので、グランドタワーのジュニアスイート(プロモーションでデラックスルームと同じ値段だった)でバンドビューで、とリクエストしたが、チェックインのときに、ジュニアスイートでバンドビューの部屋はないことが判明、デラックスルームでバンドビューの部屋にアサインを変えてもらった。

フロアプランを見ると、デラックスルームでバンドビューなのは隣のビルが邪魔することもあって、1フロア1室のみ。それも高層階でないとバンドビューにはなりえないので、かなり希少な部屋である。

部屋は、バスルームに半分近くの面積を割いた大胆なデザインでバゲージエリア、クロゼットはバスルームと一体になっているので、居室から邪魔な荷物が見えなくてよい。

バスルームは快適そのもの。バスタブはユニークなデザインで大きいので浸かりやすいし、上海にしては水質もかなりよかった。シャワーの水圧はやや弱く感じたが、レインシャワーもあり機能はよい。

Img_0760 Img_0730 Img_0729 Img_0732 Img_0761 Img_0794

エグゼクティブラウンジ、朝食

エグゼクティブラウンジはグランドタワーの 5Fと低層階にある。結構広いので、満席になることはないので快適だ。

カクテルタイムは、フード類も結構並んでいるが、酒の種類が少なすぎる。スパークリングワインすらないとはどういうこと?

2泊したので、ラウンジと1Fのビュッフェと食べ比べたが、どちらもたいしたことはない。中国のホテルの朝食だね、という感じ。

サービスは中国らしからぬ親切なスタッフもいれば、周辺のレストラン情報を聞いてもコンシェルジュに聞いてくれ、と拒否されたり(ラウンジでもコンシェルジュサービスを提供、と書いてあるんですがね?!そういう輩に無理やりレストランを聞いてもロクな回答は返ってこないでしょうが)と、何だかんだ上海も中国だね、と感じる場面も。

総評

中国のホテルとしてはよくやっている方だと思うが、次回選ぶかというと微妙だ。エグゼクティブフロアだと、価格的にパークハイアット、ペニンシュラともそれほど差がないので、これらを選んだほうが得策な気がするし、一般客室であれば、眺望などを考えると、ロイヤルメリディアンの方がいいと思うし、というわけで…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 24, 2011

シェラトン上海虹橋ホテル

久しぶりの上海。といっても2ヶ月ぶりくらいだけど。

いつものように、上海虹橋ホテルに宿泊。

どういうわけか知らないが、今回はDeluxe suiteで。

といっても、レギュラールームを2部屋コネクティングで繋げて、片方に大型ソファをぶちこんだだけ、という実に気合の入っていない部屋なんだけど。

そういうわけで、なぜかバスルームも通常のものが二つある。二人だったら便利かもしれないけど、一人だと何のメリットもありません。

リビングルーム。

Img_0004_2

ベッドルームは、レギュラールームとまったく同じ。

Img_0005_2

しかし、上海万博が終わっても相変わらず上海のホテルのレートは落ちていませんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)