Guangzhou

Aug 21, 2011

ONE DEGREE@EQUATOR(広州/シンガポール料理)

That'sという英語のタウン誌を見ていたら、広州にシンガポール料理店が出来たことを発見。

香港にはいくらでもシンガポール料理を食べられるところがあるのに、広州にはないな、と思っていたので、早速行ってみることにした。初めてなので、失敗をしても大丈夫なようにまずはランチで。

場所は、体育東路沿いに正佳広場を南に行ったところ。数少ないまともなイタリアン、OGGIのそばにある。

黒を基調としたインテリアは、なかなかおしゃれ。

メニューは、海南鶏飯、バクテー、チリクラブ、ラクサなどシンガポール料理の有名どころはちゃんと押さえている。

バクテー(68 RMB)と海南鶏飯(38 RMB)を注文した。飲み物は、タイガービールのドラフトとシンガポールスリング。

Img_0986 嫁が頼んだシンガポールスリングは、色からしてシンガポールスリングの体をなしていないが、一応味はしっかりシンガポールスリングだったそうだ。

まずはバクテー。もともと福建省のスープで、中国語では肉骨茶と書く。スペアリブのスープだ。シンガポールではもっと漢方薬っぽい味だった記憶があるが、こちらのは、胡椒と大蒜をベースにしている味だ。悪くはない。

そして、海南鶏飯。通常は、醤油、チリソース、しょうがの3種がつけだれとして用意されるが、こちらは、チリソースだけ。ただ、このチリソースは美味しかった。また、鶏肉が美味しいのは、中国ならでは。ランチなら、海南鶏飯だけでよいかもしれない。

食後には、ボボチャチャ(サツマイモなどが入ったカキ氷)、マレーシアコーヒーをいただいた。コーヒーは中国ではかなりまともなレベルのコーヒーだ。

Img_0984 Img_0985 Img_0987

従業員は結構親切だ。片言ではあるが、英語も大丈夫。

【店舗情報】
住所;広州市天河区体育東路19号
TEL;020-8754-0386
営業時間;11:00~26:00

| | Comments (83) | TrackBack (0)

May 15, 2011

ウェスティン広州

Starwood Previledge Cardの特典で無料宿泊券があったので泊まってみた。

まあこういうのがない限り広州のウェスティンに泊まる機会というのはあり得ないですからね。

ようやく上海、北京レベルにホテルが増えつつある広州。今のところ、Grand Hyatt、Ritz Carlton、シャングリラあたりが御三家といったところか。

今後、マンダリンオリエンタル、フォーシーズンズ、バージュアル(ドバイの7つ星ホテルの系列ですね)、Wが進出することになっているので、これらが出来れば、形的には高級ホテルがたくさんある街ということになりますが、ホテルで最も重要な人材がそれだけいるのかどうか、とても心配です。

東京でさえ、2005年以降優秀な人材がいなくてどのホテルも困っていたわけですから。

スムーズにチェックインして、さて客室へ。

客室

今回はPreviledge特典での無料宿泊のせいか、SPGのステータスが伝わっていなかったのか、19Fの窓からの景色は隣のビル、という部屋だった。Previledgeの利用の場合はホテル自身には宿泊料金が入らない仕組みになっているのでしょうか?SPGの無料宿泊の場合は、普通にアップグレードもしてくれるのですが。

とはいえ、木と石をうまく組み合わせたデザインで、なかなか和めます。

Img_0487

Img_0490

50㎡ということだが、そんなにあるようには見えない。せいぜい40㎡といったところでしょう。(中国の場合はマンションでも共用廊下まで含めた面積になっているので、ホテルもそうなのかもしれない)

バスルームと居室スペースはドアで開閉可能。お風呂から客室のテレビを見ることも出来るし、何よりバスルームの開放感がよいです。

Img_0491_2 

ただ、タオル、アメニティの品ぞろえが貧相すぎる。忘れたのか、もともとそういう決まりなのかは知らないが、綿棒すら最初に取り揃えていないホテルってどうなのよ。

夜はヘブンリーベッドで快適な寝心地を堪能。

ルームサービス

せっかくなので、宿泊でしか味わえないルームサービスを夕食でも朝食でも堪能。

まず夕食はハンバーガー。125RMBと中国のホテルでは結構高い方だと思うのだが、味はまずまず。広州ではマリオットのバーガーに軍配が上がるな。

Img_0493

朝食はコンチネンタルと中国式の朝食と両方取ってみたのだけど、なかなか水準が高い。

Img_0494_2

まず、コンチネンタルのジュースが文字通りフレッシュスクイーズドで感心。日本のホテルではウェスティンレベルのホテルでは殆どない対応だけに嬉しい。

中国式に至っては、点心、焼きそば、おかゆ、フルーツがそれぞれ3人くらいで食べても十分おなかいっぱいになるくらいの量。味も悪くはない。

コンシェルジュなどのサービスは使っていないので、そのへんのレベルはチェックできませんでしたが、サービスエクスプレスの対応はまあまあ。

何が起きても驚かない中国のホテルにしては、よくやっている方ではないでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 04, 2011

タイ国際航空 TG668便(バンコク→広州)搭乗記

バンコクからの帰りは10:45発のTG668便。

バンコク・スワンナプーム空港での愉しみは、SPAラウンジでのマッサージなのです。というわけで、これを受けられるように、9:00に空港に着くために8:15にホテルを出発。

現行Eクラスのリムジンで快適に30分少々で空港まで。現行Eクラスは初めて後部座席に乗ったが、旧型と較べるとかなり乗り心地が改善されており、乗っている限りは現行SクラスのS350なんかとは殆ど変わらない。ニースペースが少し狭さを感じるくらい。

椅子に座りながらチェックイン、専用の出国審査口から出ればすぐにラウンジ、というタイ航空ファースト/ビジネスクラス専用の扱いは、ルフトハンザのファーストクラス専用ターミナルには負けるものの、アジア随一のサービスだと思う。

VAT Refundを受けてから、スパラウンジへ。

30分のフットもしくは全身マッサージを受けられるので、フットを選択。このマッサージがまたなかなかレベルが高いのだ。街中のマッサージ店とは較べものにならないくらい。

スパラウンジでお茶を頂くともう搭乗時刻になりそうだったので、搭乗ゲートへ。

行きが747だったので帰りも、と期待していたのだが、残念、A330だった。

搭乗するとすぐウェルカムドリンクと日本語の新聞を持ってきてくれる。

A330の場合、リクライニングは140°くらい、シートピッチは52inchほどなので、旧来型のシートといったところ。まあ、3時間であれば全く問題ないでしょう。

Img_0475

機内食はまず前菜にひらめとサーモンのカルパッチョから始まる。

Img_0474

メインは豚のミンチ。殆ど中華の味付けだが、味は悪くない。

Img_0476

食事が終わるとまずはチーズ。ポートワインとともに頂く。

Img_0479

デザートはコーヒームース。

Img_0480

相変わらず大満足のフライト。Skytrax社のランキングでJAL、ANAと同じ4つ星なのが信じられないくらいの充実っぷりです。

JAL、ANAは欧米長距離路線しか力を入れていれているように見えないので、タイ航空の長距離路線がどの程度の内容なのかわからない、というのもありますが、短中距離路線に関しては、タイ航空の圧勝でしょう。

広州到着はほぼ定刻の14:45。ちょうどガルーダ・インドネシア機の到着と被っていて、イミグレ通過に30分近くかかってしまいました。

| | Comments (69) | TrackBack (0)

Apr 30, 2011

タイ国際航空 TG669便(広州→バンコク)搭乗記

労働節はバンコクへ。広州からバンコクは3時間なので、日本から行くのと比較するとずいぶんと楽。

フライトの時間も広州を15:45に出発して17:45にバンコクに到着するという割とちょうどいいスケジュール。

普段はこの路線はA330なので、一昔前のシートという感じなのですが、交易会で乗客が多かったからか、747があてがわれていました。ラッキー。

日本の航空会社ではすでに退役したジャンボですが、タイ航空のは比較的新しいジャンボ。

シートも167°までリクライニング可能なシェル型なので、3時間とはいえ嬉しい。

客層は、圧倒的にインド、中東系が多く、今の時代を感じる。

Img_0168

ウェルカムドリンクにシャンパンを頂き、離陸。

ほとんど満員の機内でしたが、機内サービスは結構スムーズ。機内食はまずは前菜が鴨の冷製ロースト。

Img_0172

バルサミコのドレッシングがさっぱりとしていて、シャルドネがよく合う。

メインは、4種類からの選択となるが、洋食からタイ料理まで揃えており、魚のカレーをセレクト。機内食であっても無難にカレーがおいしいのだから、びっくりである。

Img_0174

食後は、チーズにポートワイン、そしてブルーベリーヨーグルトケーキまで出てくる。

Img_0175

Img_0177

一皿一皿ずつサーブされるので、機内食が終わる頃にはもう着陸準備か、というくらいの勢い。

混むイメージの多いスワンナプームのイミグレもファストトラックのカードを貰えるので、安心です。(今回に限って言えば、一般レーンの方が空いているくらいだったが)

Img_0178

| | Comments (72) | TrackBack (0)

Apr 22, 2011

夏宮(広州/広東料理)

シャングリラホテルにある広東料理店。

シャングリラにある広東料理店は、上海、香港、シンガポール、ペナンなどで行ったことがあるがどれも外れがないということで結構信頼をおいているのだが。

まあ、シャングリラ自体が香港資本なのだから当たり前と言えば当たり前な気もするが。

というわけで、広州のシャングリラはどうだったかというと。

ちょうど交易会(Canton Fair)の時期だっただけに、客は殆どが外国人。メニューを開くとかなり限定されたメニューでふかひれのメニューはなく、肉や海鮮料理も限られたチョイスで…。

でもって、オーダーの際に聞くと「ある」というのだからずいぶんとバカにした話だ。まあ、「ある」と言ってくれるだけまだマシな気もするが。(普通の店だと「ない」で通し続けるだろうから)

まずは、前菜の盛り合わせから。がちょうと豚の皮とくらげ。焼物のレベルは広東料理店で重要。ここのは外はからっと、中はジューシーに焼かれておりまずまず合格レベル。

Img_0160

海老と卵白を茹でたものは、これまた広東料理の定番だが、これ失敗作なの?というくらい味が中途半端。

Img_0162

ふかひれとチキンのスープは、ふかひれは立派なんだが、チキンの油が完全に上湯に勝ってしまっていて、結構食べ疲れるなぁ。

Img_0164

野菜は、あっさりとしていておいしい。こういう質のよい野菜を仕入れているということは、実力はある店なのでしょう。

Img_0163

肉は、鶏肉とナッツの炒め物にしたのですが、これは山椒と唐辛子が効いていて四川料理かいな、という感じ。交易会特別メニューということなので、西洋人受けを狙ったものなんでしょう。

Img_0165

ごはんものはおなかいっぱいになってしまったのでパスし、デザートにツバメの巣のパンプキンスープを。これはおいしかった。

Img_0166

うーむ、交易会期間であることを差し置いてもあまりレベル高くないなぁ。シャングリラという期待が高かったこともあるんでしょうが。

サービスも、英語が出来ない店員がいたり(香港系5ツ星ホテルでありえないでしょう)、人件費の割にホールにスタッフがあまりいなかったり??なところも。

【店舗情報】
住所;1 Hui Zhan Dong Road Hai Zhu District Guangzhou 510308
TEL;020-8917-6498
営業時間;8:00~14:30、17:30~22:30

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 17, 2011

九廣通車内でネットサービス開始

広州から香港まで行く九廣通。約2時間でダイレクトで結んでくれる頼もしい存在ではあるのですが、何が欠点かというと、

①寒い
②2時間やることがなくてヒマ
③広州のイミグレに時間がかかる

というところでしょう。特に「寒い」の方は度を越していて、たぶん室温は夏でも15℃くらいなんじゃないか、と思うほどなわけです。したがって夏でもこの電車のためだけにセーターは必須。

2番目の2時間やることなくてヒマというのは、飛行機でも同じなのですが、飛行機であれば本を持ち込んで、ビールを貰って眠気を誘発して寝る、という技でもいいのですが、このたび九廣通ではWi-Fiのネットサービスが開始されたのだ。(正確には3月から)

Img_0157

わずか28HKD払えば、片道の間ネットが使い放題というわけで、iPadでもいいし、ノートPCでもいいのだが、何らかのデバイスを持っていさえすれば、2時間ネットサーフィンでもゲームでもしていれば済むというわけ。

これ、画期的なサービスだな。ちなみにサービスを提供しているのは、香港のプロバイダであるPCCWである。

もちろんネット検閲は国の基準に従っているので、中国内を走行中はTwitter、facebook、You Tubeなどは当然見れません。

通信速度もストレスがないレベルなので、これは使える。

というわけで、残るは3番目の課題だ。階段の近くの車両から飛び降りて走ってイミグレに行く、というくらいしか選択肢がないのだが、重い荷物を持っているとそれもつらいものがあるわけで。

日本の自動化ゲートのようなものもあるので、これが外国人にも開放されたらなぁ、といつも思うのですが。(今のところ外国人にも開放されているのは、香港空港のHKIAだけ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 04, 2011

広東省唯一の世界遺産・開平観光

広州に来てからというもの、市内観光は多少したことはあるものの、中国国内の観光はおろか、広州近郊の観光もしていなかったというわけで、清明節という日本のお彼岸にあたる3連休を利用して、日帰りで開平というところへ行ってみることに。

こちらは、2007年にユネスコ世界文化遺産に登録されたところで、何が世界遺産なのかというと、1920年代に華僑がこの地に建てた西洋風と中国風をミックスさせた家がなのである。

広州からは高速を利用して2時間弱。あたりは殆どが山か田んぼというかなりの田舎。

まずは、今なお15棟この時代の建物が残る自力村というところへ。ちなみに、これ以外にも4か所くらいこういったこの時代の建物が残る地域があるのだそうだ。

Img_0071

結構お高い入場料(このほか3か所を廻って150元sign03)を支払い中へ。

田んぼに突如現れるこの世界。

Img_0077

この建物の中に入ることもできる。当時の家の様子をそのまま残してあり、シノワと西洋風の趣味を合わせていて、なかなか面白い。

Img_0086

屋上からは、自力村が一望できる。

Img_0093

1時間ほど見物したあとは、昼食へ。

今回、ガイドと車を雇ったツアーにしていたのだが、ランチは我儘を言って5つ星ホテルのレストランで、とお願いしていたのだが、このレストランが予想通りというべきか、酷かった。。。

やはり大陸系5つ星は信用できません。

残念なランチのあとは、赤炊という昔の問屋街へ。

ヨーロッパを思わせるような川沿いに欧風の建物が広がるところ。

Img_0101

川沿いの店には観光客向けの露店がたくさんありますが、残念ながら目をひくようなものはなく。

路地裏にはこんなところも残っていて、なかなか趣深い。映画・ドラマでのロケなどにもよく使われるそうだ。

Img_0115

最後には、立園という華僑のお金持ちが建てた別荘へと。

こちらは、完璧に観光地として開発が進んでいる感じ。午前中に訪れた自力村の素朴さの方がこの街には似合っていると思うのだ が、これも中国らしいといえばらしい。

Img_0117

Img_0120_2

さすがにこちらはお金持ちの別荘だけあり、内装も豪華そのもの。手すりには石の中に貝殻を混ぜることで、暗くなる夜でも手すりが光って見えるようにしていたのだとか。

Img_0125

金で出来た掛け絵だとか。

Img_0126

その他、兄弟の家も敷地内に建っていて。

Img_0130

庭園も敷地内にあり、なかなかきれいなところだった。

Img_0137

Img_0140

移動が結構時間がかかるのと、歩いて廻らざるを得ないので結構疲れ、帰りの車の中では熟睡でしたが、なかなか楽しめる広州からのshort tripでした。

| | Comments (33) | TrackBack (0)

Apr 03, 2011

PRIME(広州/ステーキハウス)

マリオット(中国名は中国大酒店)にあるステーキハウス。ディナーでは来たことありますが、ランチは初めて。

ランチセットは90RMBからあるが、ハンバーガーが食べたかったので、アラカルトで。

クラムチャウダーとハンバーガーとHeinekenを。

まずは、クラムチャウダー。中国で食べるクラムチャウダーって不味いのが多いのだが、こちらはさすが米国系ホテル、ちゃんとしたクラムチャウダーでした。

Img_0068

そしてお目当てのハンバーガー。焼き加減もちゃんと聞いてくれ、Well doneで注文。

Img_0069

バンズも肉もかなりレベル高し。日本のホテルで食べるハンバーガーよりよっぽど美味しい。

食後にコーヒーを飲んで、二人で400RMBくらいなので、ホテル内レストランとしては屈指のCPでしょう。

プールに面したテラスもあるので、こちらで食べてもよかったなあ。ちょうどいい気候だし。

【店舗情報】
住所;広州市流花路122号中国大酒店4F
TEL;020-8666-6888

| | Comments (100) | TrackBack (0)

Mar 27, 2011

BOOMERANG BAKERY(広州/ベーカリー)

that'sという欧米人向け華南地域タウン誌を眺めていたら、広州にオージーベーカリーが出来たとのニュースを発見。さっそく行ってみることに。

お店があるのは最近開発著しい珠江新城。

最近スカイツリーに高さで抜かされた広州タワー(高さ600m)、Ritz Carlton、International Financial Center(これも高さ440m、高層階にはFour Seasons Hotelが入る予定)などがあり、中国の発展っぷりを実感せずにはおれない空間だ。

Img_0059

Img_0060

さて、ベーカリーですが、まだ周りが工事中ということもあってか、ひっそりとオープンしている感じ。オーストラリア人夫妻が経営しているようで、英語対応もバッチリ。

Img_0057

イートイン、テイクアウト共に可能で、ピザパンのようなものを試しに食べてみましたが、結構おいしくて気に入った。

Img_0056

あと、エスプレッソについてきたクッキーが美味しくて思わずテイクアウト用に買ってしまいました。

広州はなぜか美味しいパン屋がなかったので、これは期待の星です。

【店舗情報】
住所;広州市天河区珠江新城華穂路180号
TEL;020-3806-7301
営業時間;7:00~19:00

| | Comments (92) | TrackBack (0)

Mar 25, 2011

Silk Thai Cuisine(広州/タイ料理)

天河北路にあるタイ料理店。同じビルには日本料理の六禄などもあるので、日本人にも馴染みのビルだ。

こちらは華僑出身の中国人経営ながら、料理人をタイから呼んでいて調味料などもタイから輸入しているというだけあり、中国ではありえないくらいしっかりとしたタイ料理が食べられる。

特に広州の場合、薄味で甘めの味付けが多いので、インパクトあるタイ料理店というのが殆どない中で、少なくともバンコクで食べるくらいの辛さのタイ料理店というのは貴重。

インテリアもオリエンタルなムードがありつつもシックでモダンなので、結構くつろげるし。

前菜に海老の冷製サラダ、メインにパッ・ガパオ・ガイ(鶏肉バジル炒め)、付け合わせに空心菜の炒め物を注文。

この順番で出てくるかと思えば出てこないのが中国らしいところで…。

まずは、空心菜の炒め物。

Img_0051

にんにくと唐辛子がいいアクセント。

次はパッ・ガパオ・ガイ。これは個人的にとても好きな料理なのだが、こちらのもとても美味しく。ジャスミンライスも取ってごはんと一緒に食べるとより美味しい。

Img_0052

最後に出てきたのが、本来前菜的な海老の冷製サラダで。トムヤムクンを思わせる酸味と辛さのバランスがとてもよかった。

Img_0053

やはりこういう順番で食べるとおなかにあまり入らなくなるわけで、デザートはパス。

結構久しぶりに行きましたが、こちらはおすすめのタイ料理店ですね。似た気候ゆえに食材もタイに近いものが手に入るという地の利もあろうかと思いますが、東京のタイ料理店より美味しく感じます。

【店舗情報】
住所;広州市天河北路175号祥龍花園3F
TEL;020-8756-6167
営業時間;11:00~14:00、17:00~23:00

| | Comments (41) | TrackBack (0)