Chinese

Apr 22, 2011

夏宮(広州/広東料理)

シャングリラホテルにある広東料理店。

シャングリラにある広東料理店は、上海、香港、シンガポール、ペナンなどで行ったことがあるがどれも外れがないということで結構信頼をおいているのだが。

まあ、シャングリラ自体が香港資本なのだから当たり前と言えば当たり前な気もするが。

というわけで、広州のシャングリラはどうだったかというと。

ちょうど交易会(Canton Fair)の時期だっただけに、客は殆どが外国人。メニューを開くとかなり限定されたメニューでふかひれのメニューはなく、肉や海鮮料理も限られたチョイスで…。

でもって、オーダーの際に聞くと「ある」というのだからずいぶんとバカにした話だ。まあ、「ある」と言ってくれるだけまだマシな気もするが。(普通の店だと「ない」で通し続けるだろうから)

まずは、前菜の盛り合わせから。がちょうと豚の皮とくらげ。焼物のレベルは広東料理店で重要。ここのは外はからっと、中はジューシーに焼かれておりまずまず合格レベル。

Img_0160

海老と卵白を茹でたものは、これまた広東料理の定番だが、これ失敗作なの?というくらい味が中途半端。

Img_0162

ふかひれとチキンのスープは、ふかひれは立派なんだが、チキンの油が完全に上湯に勝ってしまっていて、結構食べ疲れるなぁ。

Img_0164

野菜は、あっさりとしていておいしい。こういう質のよい野菜を仕入れているということは、実力はある店なのでしょう。

Img_0163

肉は、鶏肉とナッツの炒め物にしたのですが、これは山椒と唐辛子が効いていて四川料理かいな、という感じ。交易会特別メニューということなので、西洋人受けを狙ったものなんでしょう。

Img_0165

ごはんものはおなかいっぱいになってしまったのでパスし、デザートにツバメの巣のパンプキンスープを。これはおいしかった。

Img_0166

うーむ、交易会期間であることを差し置いてもあまりレベル高くないなぁ。シャングリラという期待が高かったこともあるんでしょうが。

サービスも、英語が出来ない店員がいたり(香港系5ツ星ホテルでありえないでしょう)、人件費の割にホールにスタッフがあまりいなかったり??なところも。

【店舗情報】
住所;1 Hui Zhan Dong Road Hai Zhu District Guangzhou 510308
TEL;020-8917-6498
営業時間;8:00~14:30、17:30~22:30

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 20, 2011

紅錦(広州/中華料理)

ウェスティンホテル広州にある中華料理店。

土日だけ早茶(要は飲茶の朝食版)があるので行ってみた。10時過ぎに行ったのだが、結構空いていて静かだったので一安心。

まずは、蝦餃子、小籠包、大根餅、春巻、マッシュルーム入りの野菜餃子を注文。ひとつひとつ蒸しているのか15分くらい待ってようやく登場。

まずは、蝦餃子。これは広州どこで食べても美味しい。日本ではまず食べられない味。

Img_0042

小籠包はジューシーなスープが特徴。鼎泰豐のと比べると、ちょっとしつこいくらいだけど、ひとり2個くらいだとこれくらい存在感がある方がいいでしょう。

Img_0046

大根餅は日本のものとだいぶ違う。

Img_0045

春巻は、チーズ入りのものを選んだのだが、チーズがいいアクセント。軽く揚がっていて、こちらの中華料理店でよく感じる油の臭さもなく。

Img_0044

マッシュルーム入りの野菜餃子は、油っぽい料理が続いたあとに最適。見た目も美しい。

Img_0043

これでは飽き足らず、チャーシューの腸粉とお粥も追加で注文。

チャーシューの腸粉はXO醤ベースと思しきソースがいい。焼物のレベルが高い広州ならではで、チャーシューも美味しい。

Img_0049

お粥は、魚のお粥を選んでみましたが、まるでタイとかシンガポールで食べるような東南アジアテイストで、私好み。

Img_0048

Starwood Previledge Programの割引もOKで、ひとり80CNY弱というのは驚異的なコストパフォーマンスでしょう。

毎週末食べに来てもいいかも、と思ってしまった。

【店舗情報】
住所;広州市天河区林和中路6号ウェスティンホテル広州4F
TEL;+86-20-2826-6966
営業時間;(平日)11:30~14:30、17:30~21:30
              (週末)10:00~14:30、17:30~21:30

| | Comments (2) | TrackBack (0)