« February 2011 | Main | April 2011 »

March 2011

Mar 28, 2011

香港でチャリティーコンサート開催

4月1日19:00~22:00まで香港島ヴィクトリアパークで「愛は国境を越える311チャリティーイベント」がジャッキー・チェン主催で行われるそうだ。

香港の芸能人を中心に200人程度が参加し、ヴィクトリアパークには2万人以上の観客が入り、電話でも募金を募るとのこと。

香港では、スターバックスが震災後すぐに2時間限定のチャリティーを実施(2時間の間販売した飲み物をすべて義援金として寄付するというもの)し、募金目当てに1時間待ちの長い列が出来たり、香港資本の月餅屋さんでも同じようなことをやったり、とかなり義援金が集まっているようで、本当に感謝ですね。

残念ながら、このチャリティーイベント、私は中国でのビザ更新のためにパスポートを政府に預けている身なので行くことができませんが…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 27, 2011

BOOMERANG BAKERY(広州/ベーカリー)

that'sという欧米人向け華南地域タウン誌を眺めていたら、広州にオージーベーカリーが出来たとのニュースを発見。さっそく行ってみることに。

お店があるのは最近開発著しい珠江新城。

最近スカイツリーに高さで抜かされた広州タワー(高さ600m)、Ritz Carlton、International Financial Center(これも高さ440m、高層階にはFour Seasons Hotelが入る予定)などがあり、中国の発展っぷりを実感せずにはおれない空間だ。

Img_0059

Img_0060

さて、ベーカリーですが、まだ周りが工事中ということもあってか、ひっそりとオープンしている感じ。オーストラリア人夫妻が経営しているようで、英語対応もバッチリ。

Img_0057

イートイン、テイクアウト共に可能で、ピザパンのようなものを試しに食べてみましたが、結構おいしくて気に入った。

Img_0056

あと、エスプレッソについてきたクッキーが美味しくて思わずテイクアウト用に買ってしまいました。

広州はなぜか美味しいパン屋がなかったので、これは期待の星です。

【店舗情報】
住所;広州市天河区珠江新城華穂路180号
TEL;020-3806-7301
営業時間;7:00~19:00

| | Comments (92) | TrackBack (0)

Mar 25, 2011

Silk Thai Cuisine(広州/タイ料理)

天河北路にあるタイ料理店。同じビルには日本料理の六禄などもあるので、日本人にも馴染みのビルだ。

こちらは華僑出身の中国人経営ながら、料理人をタイから呼んでいて調味料などもタイから輸入しているというだけあり、中国ではありえないくらいしっかりとしたタイ料理が食べられる。

特に広州の場合、薄味で甘めの味付けが多いので、インパクトあるタイ料理店というのが殆どない中で、少なくともバンコクで食べるくらいの辛さのタイ料理店というのは貴重。

インテリアもオリエンタルなムードがありつつもシックでモダンなので、結構くつろげるし。

前菜に海老の冷製サラダ、メインにパッ・ガパオ・ガイ(鶏肉バジル炒め)、付け合わせに空心菜の炒め物を注文。

この順番で出てくるかと思えば出てこないのが中国らしいところで…。

まずは、空心菜の炒め物。

Img_0051

にんにくと唐辛子がいいアクセント。

次はパッ・ガパオ・ガイ。これは個人的にとても好きな料理なのだが、こちらのもとても美味しく。ジャスミンライスも取ってごはんと一緒に食べるとより美味しい。

Img_0052

最後に出てきたのが、本来前菜的な海老の冷製サラダで。トムヤムクンを思わせる酸味と辛さのバランスがとてもよかった。

Img_0053

やはりこういう順番で食べるとおなかにあまり入らなくなるわけで、デザートはパス。

結構久しぶりに行きましたが、こちらはおすすめのタイ料理店ですね。似た気候ゆえに食材もタイに近いものが手に入るという地の利もあろうかと思いますが、東京のタイ料理店より美味しく感じます。

【店舗情報】
住所;広州市天河北路175号祥龍花園3F
TEL;020-8756-6167
営業時間;11:00~14:00、17:00~23:00

| | Comments (41) | TrackBack (0)

Mar 24, 2011

珍しいナンバープレート

今日広州市内を歩いていて見かけた珍しいナンバー。

Img_0054

粤Aというのは広州市発行のナンバーなのだが、8のゾロ目って一体いくらなんだろうか?というのも中華圏では8が最も縁起がいい数字だと考えられているから。

広州では、数年前からこのような人気のありそうなナンバープレートには、オークションで落札者を決める制度始めているので、こういうナンバーは必然的に高いはず。

4年前には000F1というナンバーが75万元(1100万円くらい)で落札されたそうだ。

でもまあ、それで驚くのはまだ早い。香港は18というナンバーが2億円で落札されたくらいだから。

香港の場合は、ナンバープレートは個人に紐づくもののため、英国統治時代からのナンバーがいまだにあり、最初の頃は数字のみから始まったから数字だけのナンバーというのは必然的に高値がつくというわけ。

当然最高でも999台しかない(現存するのは700台くらいみたいですが)わけですから、毎回香港に行くと、この数字のみナンバーを発見するのが結構愉しみなわけで。

これは灣仔近辺でタクシーに乗りながら発見したLEXUS LS600hL。747、飛行機好きなのかな?(ちなみに4も7も中華圏では縁起のいい数字ではないので、人気があるのかどうかは微妙だが)

Img_0407

こんなふざけたナンバーも発見したことがある。BOND007って。。。しかもボンドカーのアストンマーチンだし。

Img_0940

日本だと、ゾロ目のナンバーとか見るとアホ丸出しの感じがするけど、こちらでは何と言うか富の象徴という感じで、面白く見えるのが不思議です。

| | Comments (156) | TrackBack (0)

Mar 20, 2011

紅錦(広州/中華料理)

ウェスティンホテル広州にある中華料理店。

土日だけ早茶(要は飲茶の朝食版)があるので行ってみた。10時過ぎに行ったのだが、結構空いていて静かだったので一安心。

まずは、蝦餃子、小籠包、大根餅、春巻、マッシュルーム入りの野菜餃子を注文。ひとつひとつ蒸しているのか15分くらい待ってようやく登場。

まずは、蝦餃子。これは広州どこで食べても美味しい。日本ではまず食べられない味。

Img_0042

小籠包はジューシーなスープが特徴。鼎泰豐のと比べると、ちょっとしつこいくらいだけど、ひとり2個くらいだとこれくらい存在感がある方がいいでしょう。

Img_0046

大根餅は日本のものとだいぶ違う。

Img_0045

春巻は、チーズ入りのものを選んだのだが、チーズがいいアクセント。軽く揚がっていて、こちらの中華料理店でよく感じる油の臭さもなく。

Img_0044

マッシュルーム入りの野菜餃子は、油っぽい料理が続いたあとに最適。見た目も美しい。

Img_0043

これでは飽き足らず、チャーシューの腸粉とお粥も追加で注文。

チャーシューの腸粉はXO醤ベースと思しきソースがいい。焼物のレベルが高い広州ならではで、チャーシューも美味しい。

Img_0049

お粥は、魚のお粥を選んでみましたが、まるでタイとかシンガポールで食べるような東南アジアテイストで、私好み。

Img_0048

Starwood Previledge Programの割引もOKで、ひとり80CNY弱というのは驚異的なコストパフォーマンスでしょう。

毎週末食べに来てもいいかも、と思ってしまった。

【店舗情報】
住所;広州市天河区林和中路6号ウェスティンホテル広州4F
TEL;+86-20-2826-6966
営業時間;(平日)11:30~14:30、17:30~21:30
              (週末)10:00~14:30、17:30~21:30

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 19, 2011

東日本大震災に関して

東日本大震災で被災に遭われた方々にお見舞いを申し上げると共に、残念ながら犠牲になられた方々に哀悼の意を申し上げます。

異国の地にいると、本当に出来ることは限られておりますが、私なりに出来ることは最大限やろうと思っています。

そういう中で希望を抱けるとすれば、やはりこれほどの未曾有の災害にも関わらず冷静に対処している、と言われる日本人の国民性と外国諸国の対応でしょう。

特に私は米国の対応に心から敬意を表します。空母を含む9艦を救助のためだけに派遣してくれる国は世界広しと言えども米国しかいないでしょうし、米国がここまでやる国も日本相手しかないでしょう。残念ながら日本からの要請がタイムリーでなく、待機を強いられているとの報道もありますが。

そして、台湾にも改めて感動しました。

12日には救援隊を送ることを表明したにも関わらず、中華人民共和国より前に救援隊を受け入れるのは不味かったのか、2日間待機を強いられたとの報道もあり。(朝日の記事ですからこれは本当の話だと私は思いますが。)

それにも関らず、19日にテレビ局9局合同で行ったチャリティー番組で集まった義援金は何と23億円。台湾は人口2000万ですから一人平均100円以上という数字です。また、台湾は早い段階で政府としても100万台湾ドル(約2億8000万円)を支援しています。

金額ではなく気持ちだ、という精神論はともかくとして、実際問題として金額はきわめて大きなファクターであると考えます。

いずれにしても、まだまだ福島原発の状況も先が読めませんし、何よりも被災者の方々が避難所から出ることが出来るようになり、街が復興するまでは気の遠くなるような長い道が待っていると思います。

日本人として団結してこの問題に対処していかなければならないだろうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 05, 2011

広東美術館

久しぶりの広州での休日。

というわけで、二沙島という高級住宅街にある広東美術館へ行ってみることに。

ちょうど、A+B+C/F=FUTURISMOというイタリアの現代アート?のイベントをやっていたので。

美術館のは珠江のほとりにあり、雰囲気抜群。つい最近スカイツリーに抜かれた広州タワーもよく見えます。

Img_0040

さて、美術館はこんな感じ。

Img_0020

15RMBとかなり安めの入場料を支払い、館内へ。展示物はこんな感じで結構綺麗にディスプレイされております。

Img_0023

Img_0032

Img_0034

展示そのものは期待するほど面白くはなかったが、美術館というのは不思議と落ち着けるもので、いい休日になりました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 02, 2011

厦門シェラトン

厦門は台湾にも近く、大陸っぽさをあまり感じない都市だ。

台湾との交流が盛んゆえに、台湾系あるいは香港系の企業が多いことや、そもそも厦門の市街が島にある、というのがその理由だと思われるが、空港に降り立つと海からの爽やかな風に癒される。

所得レベルも高いようで、フェラーリ、ポルシェなどのスポーツカーも結構見る。

で、今回のステイ先はシェラトン。日本語対応が完璧な営業の方がチェックイン等面倒を見てくれる。

アサインされたのは、21Fのデラックスルーム。面積は40㎡。

Img_0013

バスルームは洗い場付きなので、快適。水圧も中国ではかなり上等なレベル。

Img_0014

サービスはそつなく的確で、厦門ではこのホテルで決まりですね。

ルームサービスで海南鶏飯を頼んでみましたが、胸肉ともも肉から選べるなど本格的。ただし、米は焼飯のようになっていて、硬いことこのうえなし。味はよかったです。

Img_0016

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »