Aug 21, 2011

ONE DEGREE@EQUATOR(広州/シンガポール料理)

That'sという英語のタウン誌を見ていたら、広州にシンガポール料理店が出来たことを発見。

香港にはいくらでもシンガポール料理を食べられるところがあるのに、広州にはないな、と思っていたので、早速行ってみることにした。初めてなので、失敗をしても大丈夫なようにまずはランチで。

場所は、体育東路沿いに正佳広場を南に行ったところ。数少ないまともなイタリアン、OGGIのそばにある。

黒を基調としたインテリアは、なかなかおしゃれ。

メニューは、海南鶏飯、バクテー、チリクラブ、ラクサなどシンガポール料理の有名どころはちゃんと押さえている。

バクテー(68 RMB)と海南鶏飯(38 RMB)を注文した。飲み物は、タイガービールのドラフトとシンガポールスリング。

Img_0986 嫁が頼んだシンガポールスリングは、色からしてシンガポールスリングの体をなしていないが、一応味はしっかりシンガポールスリングだったそうだ。

まずはバクテー。もともと福建省のスープで、中国語では肉骨茶と書く。スペアリブのスープだ。シンガポールではもっと漢方薬っぽい味だった記憶があるが、こちらのは、胡椒と大蒜をベースにしている味だ。悪くはない。

そして、海南鶏飯。通常は、醤油、チリソース、しょうがの3種がつけだれとして用意されるが、こちらは、チリソースだけ。ただ、このチリソースは美味しかった。また、鶏肉が美味しいのは、中国ならでは。ランチなら、海南鶏飯だけでよいかもしれない。

食後には、ボボチャチャ(サツマイモなどが入ったカキ氷)、マレーシアコーヒーをいただいた。コーヒーは中国ではかなりまともなレベルのコーヒーだ。

Img_0984 Img_0985 Img_0987

従業員は結構親切だ。片言ではあるが、英語も大丈夫。

【店舗情報】
住所;広州市天河区体育東路19号
TEL;020-8754-0386
営業時間;11:00~26:00

| | Comments (83) | TrackBack (0)

Aug 13, 2011

千羽鶴(幕張/日本料理)

成田空港へレンタカーで向かう途中、幕張で昼食を取ることにした。ついでに幕張のアウトレットで買い物でもしてから帰ればちょうどいい、というのもあり。

幕張には、色々とホテルがあるが、その中でも名前を知っていたニューオータニに行ってみることにした。

館内の案内を見ると、日本料理店があったので、飛び入りで入ってみた。

入った時点では、12時前だったこともあり、空いていたが、12時を過ぎると次々と予約客がやってきて満席。びっくりである。

2,000円前後からメニューが揃うが、うなぎ美肌御膳(3,675円)というのが量的にもちょうどよいように思えたので、これにしてみた。

先付は、3種。胡麻豆腐、うざく、茄子と茗荷の浸しだ。どれもさっぱりとした味わい。

刺身は、サラダ仕立て。蛸と海老、夏野菜のサラダで、これもさっぱりとしていた。

煮物は、帆立湯葉ひろうす。やや出汁が濃い。

ごはんものは、ミニうな重、浅蜊汁。これはやや凡庸。

食後には、500円追加すると甘味五点盛とコーヒーが付く(通常だと甘味三点盛)ので、これにしてみた。みつかんが懐かしくて美味しかった。

日本庭園を眺められる店で、サービス含めてちゃんとしたホテル内の日本料理店だった。

【店舗情報】
住所;千葉市美浜区ひび野2-120-3ホテルニューオータニ幕張1F
TEL;043-299-1849
営業時間;11:30~14:00、17:00~21:00(土日のランチは11:00~14:30)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Aug 12, 2011

アサヒスーパードライエクストラコールド

日本で飲んでみたかったもののひとつがアサヒのエクストラコールドだ。早い話が-2℃~0℃に冷やしたスーパードライというわけなのだが、連日35℃を超える猛暑だったし、物珍しさにも惹かれて。

大阪の心斎橋にあるアサヒ直営のBarは、長蛇の列で諦めざるを得なかったので、都内でとこか、と思って探していたのですが。

Img_0975 何と、インターコンチのブルーベランダにサーバーがあることを朝食時に発見。

門前仲町のスペイン料理店で食事のあと、寄ってみた。

閉店22時のところ、閉店10分前に押し掛けたが、気持ちよく案内してもらえ、まあ申し訳ないので、ビールだけ。

せっかくなので注ぐシーンまで見させてもらったが、普通に注ぐんですね。単純にサーバーが通常よりも冷やされているだけということらしい。サーバーの表示のよれば、今回のビールの温度は-1.8℃。

冷たさというよりも、ドライさが際立っており、普通のビールの違いといえば、最後まで冷たく飲めるところだろうか。また、泡が最後まで消えないので、最後まで美味しく飲める。そしてアルコール度数を感じないので、飲み過ぎないように気をつけた方がいいかも。

ちなみに、飲めるお店はこちらから検索できる。

http://www.asahibeer.co.jp/area/search/excold/shop/all.psp.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 11, 2011

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ

日本一時帰国最後の滞在先は東京。震災で観光客が減少していることもあってか、どこのホテルも昨年とは2~3割値落ちしている感じがある。

大阪からのフライトが夜10時前に着くということもあり、羽田空港に近いという理由から久しぶりに竹芝のインターコンチに宿泊してみることにした。

最廉価のスーペリアのリバービューで予約したのだが、アンバサダー会員のアップグレードはスーペリアでベイビューにするだけ。何ともケチくさいアップグレードだ。まあ、高層階にアサインされただけマシとすべきかもしれないが。

客室

35㎡ということだが、それよりも広く感じるのは、バスルームがそれほど広くないこととと、客室内に家具があまりないためだろうか。

黒と木をたくみに配したインテリアは、10年前だったら斬新だったろう、と思わせるが、今となっては家具類、カーペットの著しい経年劣化も相俟って、古いなぁ、と感じてしまう。

特に壁紙はいたるところに染みがあり、なぜ貼り替えないのか謎だ。

バスルームは、全室バスタブとシャワーブースは別となっているが、ベイシン周りのスペースの狭さが残念。私物をおけるスペースがかなり限られている。バスアメニティは、Elemis。これは最近インターコンチネンタルではグローバルで採用しているようだ。

ベイビューの眺めは素晴らしい。少し視線を右にずらせば、浜崎橋JCTから東京タワーという実に東京らしい眺めが加わる。

Img_0968 Img_0970 Img_0973 Img_0974

客室内に無線LANはなく、ルーターを使って接続してみるが、iPadだとSafariがうまく立ち上がらずに断念。サービスエクスプレスに電話してみるも、どうやらその方面に全く疎そうな従業員だったので、わざわざ専門家を夜中に呼んで、というのも面倒くさくやめてしまった。

朝食

ブルーベランダで提供。ビュッフェで内容としては結構豊富だ。中華、和食、フルーツのラインアップが結構多いのが印象的で、フルーツはビュッフェとは思えないくらいフレッシュで美味しかった。

どうせならテナントで入っている分とく山で和定食でもやってくれれば、いい訴求ポイントになると思うんだが。

その他

何か頼みごとをすると、すぐに係が部屋に来るのはいいのだが、微妙にオーダーを間違えて、訂正しないといけないことが多々。前日セントレジスに泊まっていたこともあり、このへんがラグジュアリーホテルとビジネスホテル(日本のビジネスホテルの意味ではなく)の差かな、と感じ入った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

和歌山電鉄スーパー駅長たまに逢いに行く

わざわざ和歌山くんだりまで来たのは、実は和歌山電鉄の貴志駅のスーパー駅長たまに逢いに行くためだったのだ。

もともと無人駅だったのだが、お客さんを増やすために、駅の売店のネコを駅長にしたところ、廃線寸前だった和歌山電鉄が見事に復活したそうで。

夫婦揃ってネコが好きということもあって、来てみたのです。

和歌山電鉄というのは、和歌山駅から郊外の貴志というところまでを結ぶ僅か14Km、当然のことながら単線のローカル線なのだが、沿線は田園あり山あり、とまるで日本の原風景。

大阪からレンタカーで来ていたが、貴志駅には駐車場はないので、途中の伊太祈曽駅というところの駐車場に停めてアクセスする。

30分に一本しかない電車なのだが、ちょうどよく電車が来たので早速貴志駅へ。

わずか10分くらいのローカル線の旅だが、自然豊かな車窓に心が和む。地元のお客さんももちろんいるが、殆どはたま駅長目当ての模様だ。

さて、貴志駅に到着。

改札を出ると早速たま駅長がお出迎え。

Img_0952

Img_0963

と思いきや、お昼寝中だ。いまや12歳という高齢のため、殆ど寝ているそうだ。昔は電車の到着に合わせて改札に立って(正確に言うと座って)愛想を振りまいていたそうだが。

駅舎自体もネコ型になっていて、これは昨年新築されたそうだ。

Img_0954

あらゆるところに、たま駅長のモチーフ。

Img_0957 Img_0964 Img_0965

この駅をデザインした水戸岡鋭治氏、実は前日乗った山陽・九州新幹線さくらのデザイナーでもあったのですね。不思議な縁。

心から癒されるShort tripでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Hotel de YOSHINO(和歌山/フレンチ)

生まれて初めての和歌山というわけで、ランチに何を食べようかと考えていたのだが、パリのステラマリスで知られる吉野建氏の店が和歌山にあることを思い出し、ここにすることにした。

前日にセントレジスのコンシェルジュから予約を入れてもらったが、まったく問題なく。

ビッグ愛という公共施設の12Fにあるので、エレベーターでビルに入って店先のアプローチまで、まるで市役所に来たかのような錯覚を覚える。

隣にはカフェステラマリスがあり、こちらはランチも1,000円くらいからあるということもあり、大変な賑わいだったが、Hotel de YOSHINOの方は、とても落ち着いた雰囲気。

窓側の席からは、昼は青空のもと和歌山市内を一望できる。夜は夜景も結構きれいなのではなかろうか?

ランチメニューは3,150円から8,400円まで。これまで結構暴飲暴食を続けてきたので、おとなしく3,150円のメニューにしてみた。

構成は、アミューズブーシュ、前菜、スープ、メイン、デザート、飲み物だ。

前菜、メインはプリフィクスで、オーダーによっては追加料金が掛かる。

レンタカーで来ていたので、飲み物には温州みかんのジュースをいただいた。結構濃厚なので、二杯目は炭酸水で割って欲しい、といったら、温州みかんのシャーベットを氷に見立てた形で出してくれる。(結構オーダーが多いということなのでしょう。)

アミューズブーシュは、パプリカのムース。酸味が食欲をそそる。

前菜には、地元で獲れた岩がきを。最初に岩がきを殻ごと持ってくるプレゼンテーションもあり、出て来た岩がきには、白ワインのジュレソースが掛かっており、岩がきの磯の香りと共に一気に食べてしまう。もう一個食べたい、というくらいに美味しい。800円の追加料金は掛かるが、夏ならではの岩がきなので、是非ともおすすめしたい。

スープはいんげん豆のスープ。コンソメ仕立てになっている。これは普通。

メインは、地元和歌山の鯛のポワレ。柑橘系とバジルのソースで、ソースの完成度はなかなか高い。関西の鯛はやはり美味しい。

デザートもなかなか凝っている。名前は忘れたが、ビスケット生地にカスタードのアイスが乗っかったようなものと、バジルのアイス。

食後には、ペパーミントとレモングラスのハーブティーを。

Img_0937 Img_0939 Img_0941 Img_0942 Img_0943 Img_0946

失礼な話ながら、和歌山でこのレベルのフレンチが食べられるとは思ってもいなかった。サービスもなかなか洗練されていた。

カトラリーもクリストフルを用い、食器類も上質なものばかりだ。

ロケーション的になかなか再訪が難しいところではあるが、和歌山ならではの地元の食材を巧みに使っており、東京のタテルヨシノでは味わえない何かがあり、また訪れたいな、と思った。

【店舗情報】
住所;和歌山市手平2-1-2ビッグ愛12F
TEL;073-422-0001
営業時間;11:30~14:00、17:30~21:00

| | Comments (117) | TrackBack (0)

Aug 10, 2011

美津の(大阪/お好み焼き)

道頓堀そばのお好み焼き店。セントレジスのコンシェルジュにおすすめのお好み焼き店を聞いたところ、ここが出てきて、私も名前は聞いたことがあったので、こちらに決めた。

結構行列が出来ていて、結局テーブル(というかカウンターだが)にありつけたのは1時間後だった。

粉をまったく使わない山芋焼、美津の焼(いわゆる豚バラミックス)、ねぎ焼を注文。どれも美味しかったが、やはりこちらの名物である山芋焼が秀逸か。

いずれも、自家製のマヨネーズ、ソースで味に彩りを添える。

Img_0924 Img_0925 Img_0927

サービスも大阪らしく快活。

【店舗情報】
住所;大阪市中央区道頓堀1-4-15
TEL;06-6212-6360
営業時間;11:00~22:00

| | Comments (1) | TrackBack (0)

セントレジス大阪

2010年10月大阪にセントレジスが開業した。

大阪は、これまで一流ホテルと言うと、リッツカールトンの独壇場の感で、遠く離れて帝国、ウェスティン、リーガロイヤルが後を追うという感じだったのだが、セントレジスが狙うのは当然リッツカールトンのポジションだろう。期待をこめての宿泊だが、オープン当初かなりオペレーションが混乱し、クレームの嵐だったようで、いまだにオープンセールの価格だ。まあ、リッツもセントレジスに対抗して、値段を下げているので、いま大阪のホテルは狙い目かもしれない。

本町の御堂筋沿いという大阪のメインストリートに積水ハウスが建てた本町ガーデンシティの高層階に入居。

積水ハウスといえば、阪神大震災で殆どの着工物件が無傷だったという逸話があるので、何となく泊まっても安全というイメージがある。(まあ当然一戸建てとビルでは違うが)

感じの悪いタクシーで新大阪駅からタクシーでホテルへ。大阪で昼間に2,000円以上稼げる客は相当いい客だと思うんだが、一体何を考えているんだろうか?この雲助が!と毒づImg_0913 きながら、到着したときはご機嫌斜めだったのだが、セントレジスのスタッフのもてなしに一気に吹き飛ぶ。

トローリーケースのタグから名前を一生懸命読み取ろうとするのは、ちょっと御愛嬌だが、それでも客に名前を尋ねないのは、一流ホテルらしい心掛けだ。

一度も名前を名乗ることなくフロントのある12Fでチェックイン。

日本庭園を借景にしたフロントは高い天井も相俟って、どこか異国に来たかのような感覚にすらとらわれる。

客室

アサインされたのは、高層階のコーナールーム。こちらでは、グランドデラックスプルミエという。

ビューバスが特徴で、面積は46㎡とこのホテルでは2番目に狭い部屋だが、スイートを除くと一番レートの高い部屋。

バスルームとウォークインクロゼットに面積を割かれているせいか、居室はやや狭さを感じたが、まだ新しいこともあり快適そのもの。

このクラスのホテルではお約束のバトラーボックス(ドアを開けなくてもランドリー、新聞などが届けられる)も完備。

セントレジス自慢のバトラーサービスは、まずウェルカムドリンクとして、ひやしあめを持ってきてくれ、滞在中の色々な要望について聞いてくれる。

Img_0901 Img_0902 Img_0904 Img_0905 Img_0907 Img_0918

専任バトラーというわけではなく、人が変わったりするのは少し疑問だが、サービスはスピーディーで満足。

客室で特に気に入ったのがSOTYSというブランドのアメニティ。購入して帰ろうと思ったのだが、結構高かったので断念。

バー

セントレジスはクラブフロアなどを持っていないので、カクテルタイムには、バーに行ってみた。オープンテラスでは、ビール&カクテル飲み放題で、明石の鯛や和牛のバーべキューなどをやっており結構惹かれたのだが、予約で満席だという。

セントレジス名物のブラディメリーを堪能したが、ハッピーアワーなど特にやっていなかったので、夕食よりも高くついたのはご愛嬌だろう。

Img_0909 Img_0910

朝食

イタリアンレストランで供される。SPGゴールド/プラチナメンバーは、バーエリアが解放されており、こちらでも頂くことができるのだが、バーをそのまま使っているのでテーブルがとても小さい。あくまでもレストランが混んでいるときなどの優先エリアと割り切った方がよさそう。

私の嫌いなビュッフェスタイルか和定食を選べる。ビュッフェにしてみたのだが、品数は結構豊富だし、サービスもきめ細やか。

その他

コンシェルジュに夕食のレストランについてお勧めを尋ねたが、すぐに何店かチョイスして、それぞれについて実際に行ったことがないとわからないような点までアドバイスをしてくれ、とても役に立った。店からの宣伝をそのまま、というホテルも多い中、開業1年経っていない中で、このレベルのサービスを提供しているのはなかなかだ。

その他、バトラー、ベルに至るまで、客の一歩先を読んだサービスを心がけており、気持ちよく滞在出来た。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Aug 09, 2011

プロ野球広島カープvsヤクルトスワローズ12回戦観戦

一度観たかったマツダスタジアムでの野球。

今までちょうど広島に行くときに広島開催でないときが重なりまくっていたので、ようやく念願が叶った。

これまでの老朽化という一言では片付けられないくらい汚くてシートも狭かった市民球場から一転変わって、かなり開放的なスタジアムに生まれ変わったマツダスタジアム。

席も色々とあって、外野で寝そべりながら観戦できる席や、貸し切りにしてパーティーができる部屋、砂かぶりというグラウンドと同じ目線で見れる席など、本当にバラエティに富んでいる。

まあ、普通にSS席にしたのですが、これがまた前から20列目と東京ドームの一般解放席では考えられないくらいのポジションなのだ。

スタジアムでの食事には期待はもてないので、駅であなごめしの駅弁を買ってタクシーで球場に向かう。

シェラトンのクラブラウンジでぐだぐだしていたこともあって、試合開始には間に合わなかったが、1回裏の広島の攻撃から観ることができた。

Img_0862 Img_0863 Img_0867 Img_0880 Img_0882 Img_0883

ヤクルト石川、広島バリントンという投手で、両方とも好投手ということもあって、完全な投手戦。

一番盛り上がったのは、前田智徳が代打で出てきたときだった。

結局1対0で広島の勝ちだったが、それにしても、広島の夕凪は本当に辛かった。観戦していても暑いのだから、やっている選手はさぞかし辛いでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 08, 2011

瀬戸内(広島/日本料理)

ホテルグランヴィアの中にある日本料理店。広島のホテル内日本料理店としては一番信頼をおいている店だ。

夏ということで、穴子づくし会席をやっているというので、行ってみた。

本当に先付、お造り、吸物、焼物、揚物、鍋、ごはんに至るまですべて穴子づくしだ。

それだけだと飽きてしまうので、小いわしのお造りをプラスして。

Img_0823 Img_0824 Img_0827 Img_0828 Img_0829 Img_0830 Img_0832

これだけ食べるといい加減穴子に飽きてしまうというのが正直なところだが、白焼きとしゃぶしゃぶ仕立ての鍋物が意外とよかった。

とはいえ、あなごめしが一番美味しかったというのは、やはり当然の帰結か。

広島の地酒も10種類ほど揃うが、意外と値が張るのが欠点だ。(市内の居酒屋の3倍近いものも結構ある!)

【店舗情報】
住所;広島市南区松原町1-5ホテルグランヴィア広島2F
TEL;082-262-1160
営業時間;11:30~14:30、17:00~22:00

| | Comments (2) | TrackBack (0)

«シェラトンホテル広島